FC2ブログ

昭和井路工事完成

皆様いつもお世話になっております!!!!!

工事部のS大兄貴です。2日連続で投稿しま~~す(o‘∀‘o)*:◦♪

本日は、先日のグランヒル明治フォレストライズの工事に伴う昭和井路様より依頼のBOX布設変え工事が完成

しましたのでご報告しますキタ━(゚∀゚)━!


工事期間は、6月17日~7月8日の間で行いました((^∀^*))











まず、ブロックをウオルソーという機械で切断しました!!斜めに切れるのでビックリしましたb(’0’)d


P0000004.jpg


そして、また登場!!前回よりかは少し小さいチョキチョキ機械で挟み取壊し~~(*≧∪≦)
P0000019.jpg



0.2アイオンで既設のBOXを取壊し~~~川が真横なので涼しいかと思いきや、めちゃくちゃ暑かったです|д゚)チラッ
P0000050.jpg




BOX1000㎜×1000㎜を15tクレーンにて布設し~~~

P0000066.jpg


2本布設して緊張し~~~

P0000071.jpg


また3本布設して緊張し~~~

P0000084.jpg


計7本布設して完了~~~

P0000093.jpg


直営の方での施工だったのでブロック積みは相当久しぶりだったみたいで、ご苦労様でした!!

P0000198.jpg


ほんで完了しました!!長い間近隣の皆様方ご迷惑をお掛け致しました。
P0000231.jpg



















あっ、言い忘れていました(;゜0゜)この工事をなぜ行ったかを伝え忘れていました(゚д゚)左上に元々流れていたんですが、上から落ちる水の音の軽減の為に右下に布設替えしたんです(っ*^ ∇^*c)

P0000233.jpg



P0000242.jpg



P0000249.jpg




最後に、こんな難易度の高い工事・小規模な舗装工事、、どんな工事でも承りますので気軽にお電話下さい(*^_^*)




では、またの機会に(*゚ェ゚*) 失礼します
スポンサーサイト



グランヒル明治フォレストライズ

皆様いつもお世話になっております!!!

工事部のS大兄貴です。

梅雨もそろそろあけかけて、夏本番となってまいりました。(=゚ω゚)ノ皆様いかがお過ごしでしょうか?

舗装屋にとっては嫌~~なが来てしまいました。






さて、本題に入りたいと思います。


昨年、7月5日に地鎮祭を行い、8月頃から明野の猪野にて造成工事を行ってきました。

開発面積が約14,000㎡、宅地が43宅地と、とても半端じゃな~~~いぐらい広くて最初は驚きました。

最初はこんな感じ・・何もなくただただだだっ広い~~~草むらでした。





P0000097.jpg





最初は、本当に終わらせる事ができるのかとても不安でしたが、若手のホープO山


が予想以上に、一生懸命頑張っていただき一緒に終わらせる事ができました。下請さんの㈱九州アースワークス様とも 


仲良く仕事をしてこの現場でかなり成長したと思っており、これからの活躍を非常に期待しています。(((o(*゚▽゚*)o)))


















さてこの現場を施工するにあたり、当初の一番の悩みは、西側にある民家の真横にあるブ

ロック積み
をどうやって民家を傷つけず取り壊すのか?でした。

しかし、悩んだ事がアホらしくなるほどいとも簡単にチョキチョキ機械(大

割)で取り壊していきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


すごいでしょ~~(;゜0゜)m9(゜д゜)っコンクリートの厚さは30㎝~50㎝程あるんですが、油圧でギシギシいいながら潰していき、民

家側にはマット的な養生をやらせていただき傷つけずに取り壊す事ができました。西側の皆様ご協力ありがとうございました。





P0000389.jpg






このコンクリート取壊しが終われば工事は終わったものだと思っていましたが、そんな簡単にいくわけがなく(゚△゚;ノ)ノ






こんな感じで既設の下水管に割り込み人孔のマンホールを設置したり
P0003457.jpg


P0003475.jpg


P0003555.jpg




雨水を最終的に、かなり下のヒューム管φ1000㎜管に推進管で施工したり



P0003497.jpg



雨水管φ500㎜管をいれたり





P0004422.jpg





L型擁壁を据えたり~~色々難易度が高い施工を行いました。ひとえに㈱九州アースワークス様、

㈲プロテイク様の技術力の賜物だと思っております。誠にありがとうございました。




P0000545.jpg




最後は待ちに待った舗装屋の仕事で~~す((⊂(^ω^)⊃))





P0005645.jpg


P0005469.jpg


P0005714.jpg


P0006030.jpg


P0005933.jpg



舗装に関しては、勾配がきつい箇所は滑り止め対策として密粒度ギャップアスコン改質Ⅰ型を使用したり工夫をしました。


完成写真はこちら



P0006757.jpg


P0006758.jpg


P0006759.jpg


P0006813.jpg



最後に施主である㈱ベツダイ様、元請けである㈱九州グリーンサービス様、工事期間色々とご迷惑もかけ、お世話になりありがとうございました。

近隣の住民の皆様方にも、埃・騒音・振動などで不快な思いを長い間させてしまい誠に申し訳ありませんでした。


こういった、大規模な造成工事小規模な造成工事舗装工事等々どんな工事でも行いますので気軽に電話して下さい。



では、またの機会に‥失礼します(^-^)/

新築マンションが大分駅南に!!

みなさんこんにちはっ!!
工事部のキムです(^^)/

大分駅から歩いて約10分のところに、新築のマンションができました

7月23日に僕たちは最終仕上げでもある1階の駐車場舗装工事を施工しました!!
施工場所は狭く、屋内だったので使用する機械の大きさや施工方法などに苦戦しました・・・
ですが、先輩方に相談してアドバイスをもらい無事完工することができました(〃▽〃)



アドバイスをもらう中で、先輩方が一番気にかけていたのは熱中症対策でした。
熱気がこもる現場だから「30分おきの休憩(水分補給)は必ず取ったほうがいい。それを頭にいれて計画しろよ」とアドバイスをいただきました。
僕はそこまで気を配れていなかったので、勉強になりました(_ _)
そして、これからはもっと広い視野で施工できるようになりたいと思います!!


★1563932868192 P7230179.jpg

P7230180.jpg P7230193.jpg




工事部のキムでした。
また次の投稿で

庄の原 薄層カラー舗装

記録的な猛暑が続いた夏が終わり、途端に秋らしい気候になりつつありますね。

先月までの35℃を越える猛烈な暑さに身体が慣れてしまったのか、本来なら

丁度いい気温のはずの20℃くらいでも寒く感じる時があったり、逆に日中30℃手前くらいあっても

あまり暑く感じなかったり、変な感覚になってます ( ̄︶ ̄;) (私だけ?)


さてさて、今回の本題に入っていきましょう

皆さんは、道路などでこういう箇所を目にすることがありませんか?


w.jpg




eww.jpg


俗にいう「カラー舗装」という物です。


そこで今回紹介するのは、庄の原にある結婚式場前の道路にて行なったカラー「薄層舗装」の現場を

紹介したいと思います。




「薄層(はくそう)舗装」とは?



一般に「すべり止め舗装」や「ニート工法」とも呼ばれる特殊舗装のことで、

今回の施工を例にすると「既設の舗装に樹脂系結合材料を塗布し、その上に硬質骨材やセラミック

骨材を散布・固着させることで路面のすべり抵抗性などをの向上を図ることができます。

そのため、主に交差点周辺・バスレーン・カーブや坂道・歩行者道・自転車道などに

用いられています。




特長をまとめると

1.高いすべり抵抗性を有している。

2.着色骨材を使用するため視認性に優れ、交差点等の注意喚起に効果がある。

3.カラーバリエーションが豊富

4.小面積の施工でも対応できる。

となります。




工程としては、まずプライマーと「バインダー」と呼ばれる骨材を路面に接着させる接合材を塗布します。

バインダーに使用される樹脂はいくつか種類があり、施工条件(時期、気温、路面状態)により

適応する材料は変わりますが、ここでは説明は割愛します。


このバインダを使って骨材との接合材とするのですが、このままでは液状のままのため、

「硬化剤」という材料を樹脂材料に配合し特殊な科学反応によって硬化させて使用します。


↓混合の状況
RIMG0016_20180912151407bce.jpg





↓塗布の状況
RIMG0017_20180912150641b03.jpg




このように樹脂材料と硬化剤を施工場所で混合して硬化させるタイプは2液反応式と呼称されます。


他にもここにひび割れにくくする炭酸カルシウムや伸展剤と呼ばれる材料を状況に応じて配合し調整します。




次に骨材ですが、一般的にはコンクリートやアスファルト舗装などに用いる砂や砂利を指します。


ニート工法によるすべり止め舗装においては舗装表面に塗布したバインダー上に散布する石の

ことを言います。すべり止め舗装に使用される骨材の特性として

1.鋭利ではない、稜角という形状の性質を持つもの

2.耐摩耗性に優れるもの



この条件を満たす骨材はいくつかありますが、今回使用したのは

「着色することが容易で手軽、視認性も良くなる」特長を持ち

現在最も使用度が高いとされている「着色磁器質骨材」です。



aggregate.jpg




これをバインダー上に散布していきます。


RIMG0018_201809121506421aa.jpg



RIMG0021.jpg




RIMG0050_20180912150647aa9.jpg




↓現在こんな感じ。


asp01.gif



danmen.jpg






次にこれを手押しローラ等でゆっくり転圧していきます。


RIMG0022_20180912150644b6e.jpg



RIMG0051_20180912150648800.jpg






仕上げに表面にトップコートと言われる赤色の塗料を塗布して、完成になります。



RIMG0058_2018091216492410d.jpg





↓仕上りがこちら。


RIMG0061_20180912165121b98.jpg



RIMG0062_20180912165122d06.jpg



↓施工前と比べると、一目瞭然ですねヽ( ´ー`)ノ

RIMG0001_20180912165313716.jpg



RIMG0002_201809121653141cf.jpg




今回は、「薄層舗装」について解説させて頂きました。


次回もどうぞお楽しみにm(_ _)m

舗装補修工事

5月も後半に差しかかり、いや~ないや~な梅雨の時期が近づいていますね。

今月は5月としては気温が高かったようで、はやくも熱中症の人がちらほら出始めているようですね。

雨が降って気温も高いとジメジメとして憂鬱な気分ですね。現場の段取りも崩されちゃうし(ヽ´ω`)

・・

・・・

気を取り直して本題に参りましょうԅ( ˘ω˘ԅ)

今回は民間の駐車場にて、陥没した部分の舗装復旧工事になります


dddddd.jpg

中央右の駐車スペース中央あたりに、30cm程度の陥没・亀裂が生じていました。

まずはカッターを入れ、舗装剥ぎ取り~掘削をやっていきます↓


P0000005_2018052610522049f.jpg


new_P0000041.jpg



陥没の原因を探りながら掘削を終えると、土は比較的に綺麗ですが、廃材がいくつか出てきました。

どうやら旧建物の基礎を撤去せず駐車場として利用していた様子があります。

結構な廃材が出ました(鉄筋くず・古い水道メータ」等)


new_P0000050.jpg



new_P0000048.jpg



new_P0000055.jpg



P0000010_20180526105223d9e.jpg




今回の陥没は、石の下側の空隙とゴミの空隙等が長い年月をかけ劣化してさがり陥没・亀裂に

つながったのではないかと考えられます。


全て確認した後、穴には単粒(比較的大きめの粒の砕石)を投入し、締固めをしながら埋め、

舗装の基層路盤(RC-40)後、表層をアスファルトで復旧しました( ˘ω˘ )



P0000015_20180526105230057.jpg


P0000014_20180526105229182.jpg


P0000018_20180526105235ce7.jpg



P0000019_20180526105237bbc.jpg



P0000020_201805261052381fe.jpg
    


new_P0000058.jpg
施工完了!!



弊社では、どんなに小規模な工事であっても、常にベストを尽くします。

施主様と緻密に打合せを重ね、社内で報告・協議・検討し、お客様に納得して頂ける、喜んで頂ける

最高品質の施工を目指し日々精進しております。



RIMG0939.jpg








ちょっとした駐車場の整備・補修、ほんの少しの歩道の切下げ...等


P0000042_20180526151318383.jpg


RIMG0002_20180526151319637.jpg


RIMG0618 (2)



小さな工事も全力で!やらせて頂きます!

P0000041_2017110117491868d.jpg

P0000073.jpg



御見積依頼等、是非お待ちしております!!
                                                                                                                                                                                        
訪問者数

miura group

miura group
三浦グループのブログへ
ようこそ!

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
三浦グループのホームページ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる